通信コストはまだ改善の余地あり!?仕事の通信コストの減らし方

IP電話のこと、ご存じですか?

IP電話の普及は急激に進んでいます。
それは普通に固定電話を使うことができるにもかかわらず、固定電話代を抑えることができるから。
ところでIP電話のこと、どれほどご存じですか?ここではIP電話について、今さら聞けないことまでご紹介したいと思います。

IP電話ですが、固定電話から電話をかけるやり方は従来の電話システムと同じです。
ではどこが従来の固定電話と違うのかと言えば、電話回線を用いるのではなくインターネット通信を用いて電話をかけるというシステム。

IP電話を利用されたことがある方ならご存じだと思いますが、IP電話は音質もクリア。しかも工事は簡単で、さらに国内どこにかけても同料金と良いことだらけ!「良いことだらけ!」なんて書くと少し勘ぐりたくなるかもしれません。
そこで次にIP電話のおすすめポイントをいろいろとご紹介します!

IP電話は良いことだらけ!

IP電話は本当に良い点だらけ。一番に挙げられるのが「通話料の安さ」。しかもその安い通話料は全国一律。

近年働き方が随分さま変わりして、在宅勤務やSOHOで全国各地に社員がいる企業も多いようです。あと景気がよくなってきたこともあり、海外進出を進めている会社も年々増えているようです。

そのような会社の場合、通話料が全国一律というのは、非常に大きなポイントですよね。さらに国際電話も安いということもあり、IP電話に変えない理由はないと思います。

さらにIP電話は、同じプロバイダ同士なら無料。
ちなみにIP電話の通話料金は、一律定額制と全国3分約8円のものと大きく分けて2パターン。しかもIP電話は、現在使用中の固定電話の番号はそのままで切り替え可能です。